ちょい長文

拍手、ありがとうございます♪


そもそも、乙女ゲーをRPGにする必要性を考えると
ADVには無い魅力ってのが足りない氣がする。

通常のRPGに好感度上昇イベントと複数のペアEND入れた、
という作りではRPGにする意義が薄いと思う。
そもそもこういうシステムは、通常のRPG作品にも割りとある。

育成シミュレーション的な恋愛ゲームだと、
攻略対象とフラグを立てるのにあるパラメータが○必要、など
無関係ではないので育成する意義があるんですよね。
今作ってるゲームだと、いくら戦闘しようが
ダンジョン攻略しようが関係ないので、
プレイする内に戦闘とダンジョンが煩わしくなるんじゃないか。

しかも周回プレイすると戦闘や本筋のイベントは
スキップされるわけで、ますます戦闘とダンジョンを
入れる必要性に疑問符が…。

ストーリー以前にシステムを考え直した方が良いかな。


色々ツイッター見てると(※自分はやってない)
同じフリゲ制作者さんのノリに付いて行けてないと氣づく。

ノリ悪すぎるのは自覚してるんですが…。

生真面目すぎるのかなorz
オタクになりきれてない馴染めない自分が嫌です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
検索フォーム
最新記事
ご案内
プロフィール

福井寝子

Author:福井寝子
30歳の女。ゲーム制作再燃。
社会不安障害(ネットで会話は可能)。
ADHD。自分のメンタルと格闘中。

カテゴリ
リンク
情報・検索
web素材・HP作成
月別アーカイブ