迷宮のラヴァーズ

ゲームの理想はゼルダの伝説 時のオカリナ。
初代ポケモンもドラクエ3も理想の一つなのですが、
これらゲームは、プレイヤー=主人公としている。
プレイヤー=主人公ではない第三者、でも
面白いゲームは当然作れるわけですが。
今回はプレイヤー=主人公でいきたいかなと。

主人公は喋らない方が良い氣がしてきましたが、
Stellaは乙女ゲーという側面も持ってるので
少しは喋らせないといけない氣もする。

アンジェリークトロワの主人公のセリフは多くない。
最低限必要な事を喋り、それも長話にはならない。
だからなのか、自分であるという意識が持てたような。
(コーエーは好きじゃないけどこれは良いと思う)
…この方法でいくか?全く喋らなくても大丈夫なようなら
無口主人公にするかもしれないけど。

主人公の立ち絵はある・無しでは
どちらの方が自分という感覚が強くなるのか。



ウインドウスキンとメニュー画面のデザインを変更。


名前入力画面。おまかせを選ぶといくつか候補が
出てきます。名前が思いつかない人向け。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
検索フォーム
最新記事
ご案内
プロフィール

福井寝子

Author:福井寝子
30歳の女。ゲーム制作再燃。
社会不安障害(ネットで会話は可能)。
ADHD。自分のメンタルと格闘中。

カテゴリ
リンク
情報・検索
web素材・HP作成
月別アーカイブ